ブログトップ

ふらふら

chisato12.exblog.jp

タグ:台東区 ( 10 ) タグの人気記事

みはし 上野本店

お酒も好きな私ですけれど、甘味も好きでございまして特に粒あんLOVEです

そんな私が愛してやまないのが「みはし」で食べる「白玉金時」
これを粒あんというのかというと言われたらぬれ甘納豆じゃんと言われそうですが
毎回注文はこれでして、これに小倉アイスを載せるという限りなく小豆LOVEな状態にして食しております。

昔は私の地元の駅ビルにも出店があって大喜びだったのですけれど、いまはこちらの本店か上野駅内にある店舗へ伺っております
いつも思うことは、男の姿で行くときのアウェイ感・・・
女子一人のラーメン店に匹敵するハードルの高さです
まして、こちらの本店は混雑してくると相席をお願いされるので男一人はかなり変な汗をかきながら
がっつく状態です。
私もこのためだけにスカート履いてメイクしてっていうのもなんだか面倒なもので
ここはオカマの図々しさで平気な顔でおかわりなどしてしまいます

相席したマダ~ムたちにはにこやかに「男性なのに甘いものお好きなのねぇ~」
なんて声を掛けられちゃいますけれど食べたいものは食べたいんです!

以前より何の影響でしょうか?わかりませんけれどお店が異常に混雑しているのでちょっと脚が遠のいてしまっているのですけれど
上野へ出かけるとつい、お店の前は通ってしまうそんなお気に入りのお店です


みはし 上野本店  東京都台東区上野4-9-7







[PR]
by yuu-silent-world | 2014-03-09 15:20 | 喫茶、軽食、甘味

山田屋

ゲソ天が人気の立ち食いそば店です

以前は私が会社から帰る時間も営業していたので、会社帰りに立ち寄っていたのですけれど
営業時間が短くなったので、お仕事がお休みの日に伺っています

人気がありますけれど、行列ができるような混雑ではないですけれどお昼時は店内で待つことも
私は立ち食い蕎麦はやはり一人で来店してパッと食べて「ごちそうさま!」って声をかけてサッと帰るのがマナーだと思っています
ですから人気店とはいえカップルで行くような場所ではないと思いますよ

こちらはお蕎麦、うどんに加えて「ひもかわ」が選べます「ひもかわ」って若い方にはなじみがない言葉でしょうね
今の方なら「きしめん」というほうが良いのでしょうね。「ひもかわ」と「きしめん」の違いが明確ではないので私はわかりませんけれど
私は言い慣れた「ひもかわ」と言ってしまいます。
私はお蕎麦を頼むのがほとんどですけれど、ちょっとおなかの持ちをよくしたい時にたまに「ひもかわ」を頼んでいます。

立地が行きずらい場所ですけれど、何となくチェーン店ではない立ち食い蕎麦を食べたくなるとこちらのお店が浮かびます

ご主人たちの腰の低さも優しい気持ちになれるお店で私は好きなお店の一軒です。


山田屋 東京都台東区千束3-33-9




[PR]
by yuu-silent-world | 2014-02-16 15:14 | 立ち食い蕎麦

釜めし春 浅草本店

友人に

「昨日何食べたの?」

と言われ

「釜めし」

と答えると

「オカマが釜めし食べてどうすんだ?(笑)」

と言われますが

好きです「釜めし」

こちらのお店は上野にも支店がありますけれど私は両店とも伺います。


浅草のほうがどちらかというと観光客の方々が多いのでにぎやかな雰囲気の店内ですね
ご家族連れ、ご夫婦、マダ~ムのグループなど年齢層は高めです。
外観はとてもシンプルなビルですけれど年季が入ってます。

釜めしって急に食べたくなるのですけれど、意外と専門店が少ないですね
今は色々こだわりのある釜めし屋さんもあるようですけれど
私はここの大衆的な雰囲気が好きなんです。


釜めしが出来上がるまで少々お時間がかかりますから、私はいつも卵焼きや焼き鳥など頼みビールを飲んで釜めしが出来上がるのを待ちます。
この雰囲気って昔ながらのお蕎麦屋さんでお蕎麦を待つ間と同じ過ごし方ですね。

良くも悪くもベテラン?のホールさん達がなぜかピンクのエプロンなのは可愛くて笑ってしまいますけれどね

蓋を開けたとき中の具材の良い匂いが立ち上り、おしゃもじで底のほうからゆっくりとおコメをほぐし
具材と混ぜたらお茶碗へ、優しい味付けの釜めしに心がほっとする時間です。

季節限定の具材もありますし、それを目当てに出かけるのも楽しみの一つではないでしょうか?


釜めし春 浅草本店  東京都台東区浅草1-14-9





[PR]
by yuu-silent-world | 2014-02-04 16:29 | 和食、蕎麦

立ち飲み たきおか

上野ではいつも賑わっている立ち飲み屋さんです

このお店は上野地域に3軒お店があります。
私は上野マルイの裏、カドクラの前にある店舗へよく行きますが
カドクラんさんよりお客様の年齢が上なのも熟女?の私には入りやすいからなのでしょうか?w

店内は広くいつも多くの人でにぎわっています。
立ち飲み屋さんらしく支払いはその都度キャッシュオンです
カウンターやテーブルにお金を出しておくとホールのお兄さんやお姉さんがそこから代金を持って行ってくれます。
お釣りをテーブルやカウンターにそのまま置いておくと次からはそこから持っていってくれます。

おつまみも立ち飲みにふさわしく2~3口で終わるような量でひとり飲みにはありがたいサイズ
やはり立ち飲みですから、長居は禁物ですし大人数で行くお店でもないと思いますけれど
ちょっと勢いをつけて、その後は腰を落ち着けて飲める場所へというスタートという使い方にも良いでしょうね

ちょっと、普通の女性だったら大問題になってしまうのでしょうけれど、私のような人間だからのエピソード。
わたしは、お昼のお仕事とは別に夜アルバイトをしているのですけれど
ある日そのアルバイト仲間というか親子のような子と飲んでいました。
その時はなぜだか私は年甲斐もないショートパンツ姿だったのですけれど
飲んでいるとき隣の2人組のおじさま達が私たちとお話をするような状況だったのですけれど
一人のおじさまががずぅ~と私のお尻を触っていましたww 


私「おとうさん、私の尻は酒のつまみじゃないからね!」

おとうさん「いや~ぁ、すまんすまん」
お父さん「この手が悪いんだよ!コラっ!この左手!」

あまりにも昭和なギャグで怒るよりも笑ってしまいました。
アルバイト仲間の男の子は、お尻を触られても平然と切り返す私のほうにびっくりしてましたけれど
おの時のお父さん、男のお尻触っていたことわかっていたんでしょうかね?ww
お尻触った分、ホッピーやらおつまみやらたくさんごちそうになっちゃいました。


立ち飲み たきおか 東京都台東区上野6-8-17








[PR]
by yuu-silent-world | 2014-01-25 18:14 | 大衆酒場

フルーツパーラー ゴトー

浅草、ひさご通りの中程、米久のはす向かいにあるフルーツパフェで有名なお店です。
週末や休日はたくさんのお客様で行列ができたりしています。
パフェの画像はネットでいっぱい出ていますのでご参考にしてくださいねぇ

さて、こちらのお店は私のお友達のお店なのですが、私パフェ食べたことほとんどありません(汗
会社帰り、時間があるときにコーヒー飲んでます・・・
パフェ嫌いなわけじゃないのですけれど、あそこへ行くとあれもこれも食べたくなってしまうんですよねぇ
これでも、か~るくダイエットしていますのでww

もともと果物を扱うことがメインだったから、フルーツの目利きは確かですし
食べ頃にあったフルーツのチョイスでパフェを作るわけだから人気もあるのでしょうね
季節のおすすめパフェは見ているだけでも綺麗で素敵です。

たまに果物をいただて帰りますけれど帰ってからお部屋で食しますとちょうど良い熟れ具合で幸せな気分になります
私の母親はあまりパフェ食べないのですが一度連れて行ったときは、しっかり完食してました。
最近はホットケーキも人気メニューになっているようです。

私にとってはお友達と気兼ねなくお話ができる、ホッとする場所です


フルーツパーラー ゴトー  東京都台東区浅草2-15-4




[PR]
by yuu-silent-world | 2014-01-21 21:33 | 喫茶、軽食、甘味

イルセレーノ(IL SERENO)

先週の金曜日、会社の新年会がございまして、初訪問。
毎年、新年会のみが会社での食事会でして、製造部門の頑固で偏屈なおっさんやら、営業のイケメンやら、イケメン営業にキャーキャーはしゃぐ熟女パートさんやら入り混じっての食事会です。

今年は初めてのお店です、それもイタ~リアン
普段は年配が多いことも考え、浅草の和食料亭などを使っておりましたけれど今回はガラッと変わってびっくり


浅草駅から言問通り方面へ歩き交差点を超えた通り沿いに綺麗な外見のガラス張りのお店です。
店内はとてもきれいで、照明も落ち着いた色です。
新年会が開くまで待っていたのですけれど、デザート類をテイクアウトで買っていかれるお客様がいらっしゃったので
人気があるのかもしれません。

今回は貸し切り、お料理も会社が事前に頼んでいたのでコースです。
ドリンクはフリーでしたので、乾杯の時シャンパンをいただき、その後赤ワインをいただきました。
自家製パンがテーブルに運ばれると、2色のテリーヌが登場、ソースがパプリカなど野菜のソースがかかっておりとても滑らかなテリーヌでした。それに加え自家製のパンもみんなに好評

ニョッキとラムのボロネーゼの料理が出てきましたがラムくささもなく私は好きなお味

メインのお肉もちょうど良い火の通り具合です。
ソースもくどくなくさらっと食べられてしまいました。

20人くらいの団体料理ですが、ちゃんとしたお仕事をされて居っらっしゃる感じを受けました。
デザートが出てエスプレッソで締め、新年会はお開きでしたけれど

個人的にランチ営業でも伺ってみたいですけれど
普段の作業着じゃ伺えないですけれどね(笑

最近、浅草にも観光客目当ての名前ばかり有名でお仕事が粗いお店と違い
ちょっと離れた場所に良いお店が少しづつ出来ています。
皆さんも、並んでいるからおいしいのだろうみたいな感覚ではなく自分の味覚に合ったお店を
ふらふらお散歩しながら探してみたらいかがでしょう



イルセレーノ(IL SERENO) 東京都台東区浅草3-27-9



[PR]
by yuu-silent-world | 2014-01-15 10:46 | 洋食、とんかつ、カレー

親父さんの優しさに涙した夜

一昨日の夜、東京も雪が降るような予報でしたので
仕事が終わり早めに帰ろうと思いましたけれど、
夜のアルバイトもないので、つい気が緩んでしまいましたw自転車で大林酒場の前を通ると、
店内には1組のカップルのお客様一組
わたくし無意識に硝子戸を開いてしまいました。

私、膝に故障個所があり、寒い日は特にきついのですけれど
自転車から降りた瞬間、膝が回る感覚が・・・
いつもの事なので、ちょっと脚を引きずりながら店内へ
普段お店に伺う時は、地元から散歩がてら伺うので
杖を突いて行く事がほとんどなのですが
今日は会社帰りなので杖を持っていません。
「杖突くほどなら・・・・」と
会社に言われかねないので

店内に入ってすぐに
親父さんはいつものようにジャッジタイムです。
「お客さん、なんだか調子悪そうだけれど大丈夫?」
飲んでふらふらしているように見えたのでしょうか?
「今日は帰りな!」
という雰囲気が・・・・・

「あっ!膝ですから大丈夫です」

親父さんはそれ以上何も言いませんでした。

酎ハイ2杯にカツ煮を注文
夕方の風が硝子戸やガラス窓をガタガタと揺らします。
寒い店内でいただくかつ煮は体が温まります。

お会計をお願いすると、カウンターの下から
親父さんがなにやら取り出します。
お年賀のタオルを手渡しながら、私に向かって

「気を付けて帰ってよ」

お店を出たとき、背中に気持ちの暖かさを感じた夜でした。

f0319123_13592224.jpg

大林酒場 東京都台東区日本堤1-24-14




[PR]
by yuu-silent-world | 2014-01-11 14:18 | 大衆酒場

田中食堂

大衆食堂に愛着を感じるのはなぜだろう?と考えたことがありました。

一番私に刷り込まれているのは市場の食堂なんだろうなぁと思います。
幼稚園や小学校のお休みの時、父はスーパーカブの後ろに私を載せて市場に連れて行ってくれました。

小さい頃、色々なお魚を見れるのは楽しいですし、子供ながらに市場内の独特な喧騒は怖いながらもわくわくするものでした。

一番のお目当ては、父が仕入れを終わった後に立ち寄る市場内にある大衆食堂や喫茶店
市場に子供を連れてくるのは少ないことなので、みなさんに可愛がってもらいました。

初めて「かつ煮」を食べたのも市場の大衆食堂でした。
父親が、「この子にはカツ皿とご飯にお味噌汁!」と注文してくれた時
子供の私には「カツ皿ってなんだろう?」という疑問がわきました。
出てきたものを見ればカツ丼の「頭」

それからは市場に連れて行ってもらうと、自分で「カツ皿!」って言ってました
食堂にいる、魚屋さんやお寿司屋さんの旦那さんたちに
「おっ!いっちょまえな注文するなぁ~」と笑われていたのを覚えています。
今では市場も様変わりしてしまい、懐かしい思い出です。

さて表題のお店ですが、銀座線の稲荷町駅付近、清洲橋通りから少し入ったところにあります。
土日祭日がお休みなので、私はお昼のお仕事が終わり、夜のアルバイトがない日に通勤用のママチャリをこいで
夕食を食べに行く事があります。

ショーケースに入ったメニューのサンプルが店内にあるという不思議な光景です。
天井には大きな扇風機が取り付けられていますけれど、今は動かないみたいです。
店内は古いながらも綺麗にされています。

会社員の方や近所の方が晩酌をしながら食事をされていますのでお昼も近所の会社員の方でにぎわっているのでしょうね。
こうゆうお店って昼食食べに来て、夜は会社帰りに晩酌かねてと近所の会社員の方には一日2回パターンのお店になるのでしょう。
店内に大きな神棚があるのですけれど、よくお手入れをされています。
お祭り好き、お神輿好きな私にはこうゆうところに好感が持てます。

私は、生姜焼きやハムカツ定食をよく頼みますけれど、お味噌汁にご飯に昔よく見た柄の深い縁の小皿に入った
黄色いたくあん、この組み合わせは市場で食べた食事を彷彿させます。

黒光りする天井を見ながら小さい頃を思い出し、注文したものを待つ
お仕事帰りのちょっとホッとできる時間なのかもしれません

このようなお店は店内の雰囲気も含めてのものだと私は思っています。
息子さんが継いでらっしゃるのでまだまだ大丈夫だと思いますけれど
このまま、長くこのままであってほしいお店です。


田中食堂 東京都台東区東上野3-5-13






[PR]
by yuu-silent-world | 2014-01-04 11:14 | 大衆食堂

紅養軒

私の良く行く場所でもある上野、御徒町エリアにある洋食店というよりはとんかつ屋さんでしょうか?

アメ横を上野から御徒町方面へ歩き、中田商店の十字路を昭和通り方面に歩き、少し入ったところにあるお店です

当初、ビルの入り口前には植木が生い茂り、閉店したお店だとずっと思っていたのですけれど

ある日、早い時間からアメ横でお買い物をしていたら営業中の札がかかっているのに気が付き入店しました

入店時奥様と思われる方が、椅子に座りのんびりくつろいでおられました
ニコリ笑いながら「いらっしゃ~い」
と、席を立ちあがります。

なんだか、この雰囲気って昔ながらのお店ではよく見る光景でホッとします。

とんかつ屋さんってなぜだか内装がシンプルなほうがおいしそうに見えるのはなぜでしょう?

その時は多分ヒレカツ定食を注文したはずです、お値段が780円!だったのを覚えています
盛り付けはキャベツにマカロニサラダ
ライス、おしんこ、お味噌汁

お肉の質がどうのこうの言うほど私はグルメではありませんのですが
お値段からしたらちゃんとお仕事をされていました。

後からはいってきたお客様が「ロースにコロッケのせて」と言っておられました
良いですね~この注文の仕方、後のせで後一つ食べたい時の気持ちわかります

年配のご夫婦で営まれていらっしゃるので、先のことが不安ですけれど
アメ横の雑踏に歩き疲れたとき営業中の札がかかっていたら、たぶん入店してしまうお店です

紅養軒 東京都台東区上野6-5-1岩坂ビル1F





[PR]
by yuu-silent-world | 2013-12-31 16:13 | 洋食、とんかつ、カレー

大林酒場

南千住駅から私の小さい頃のトラウマになった?(笑)涙橋の交差点を過ぎ、少し歩いたところにまさに「大衆酒場」という佇まいを見せる

「大林酒場」(だいりんさかば)

ここも場所柄、昔はさぞや壮絶な?光景が店内、店の外で見られたのではないかと思います。
昔はこの辺りは夜、女性が一人で歩くのは怖くてしょうがない場所ですからね
なにせ、やんちゃなバイク乗りさん達(笑)でさえこの辺りの道路では歩道側の車線を走るなって
言われていましたからね。
当たり屋は出るわ、道路で酔って寝ている人はいるわだったそうです。

こちらのお店はブロガー泣かせのお店のトップでしょうね
携帯電話禁止、店内の撮影禁止、メモを取っていたりしても怒られます。
怖いお店だからと、酔った勢いで行くこともできません(酔っていくと入店できません)
私はこのルール賛成です
たまに店内の画像をアップされていらっしゃる方がいますけれどね(苦笑

たぶんあの、店内の雰囲気はブロガーの皆さんにとっては格好の被写体なのでしょうけれど
いいじゃないですか、たまには携帯やスマホ、デジカメをカバンの中にしまって
ゆっくり、店内にいるお客さんを不快にさせず、お酒と大衆酒場独特のメニューを1人、もしくは2人で
(3人以上のグループは入店できないので)静かに楽しむ

そんな楽しみも昔ながらの大衆酒場での楽しみ方ではないでしょうか?

私もそんな若くない年齢ですけれど、それでもこのお店は私にとってはまだ早いお店かもしれません
だから、余計に人生の先輩方が昔から楽しんでいらっしゃるお店の雰囲気を壊さないよう気を使って
当たり前だと思っています。


大林酒場 東京都台東区日本堤1-24-14


[PR]
by yuu-silent-world | 2013-12-30 00:06 | 大衆酒場