ブログトップ

ふらふら

chisato12.exblog.jp

田中食堂

大衆食堂に愛着を感じるのはなぜだろう?と考えたことがありました。

一番私に刷り込まれているのは市場の食堂なんだろうなぁと思います。
幼稚園や小学校のお休みの時、父はスーパーカブの後ろに私を載せて市場に連れて行ってくれました。

小さい頃、色々なお魚を見れるのは楽しいですし、子供ながらに市場内の独特な喧騒は怖いながらもわくわくするものでした。

一番のお目当ては、父が仕入れを終わった後に立ち寄る市場内にある大衆食堂や喫茶店
市場に子供を連れてくるのは少ないことなので、みなさんに可愛がってもらいました。

初めて「かつ煮」を食べたのも市場の大衆食堂でした。
父親が、「この子にはカツ皿とご飯にお味噌汁!」と注文してくれた時
子供の私には「カツ皿ってなんだろう?」という疑問がわきました。
出てきたものを見ればカツ丼の「頭」

それからは市場に連れて行ってもらうと、自分で「カツ皿!」って言ってました
食堂にいる、魚屋さんやお寿司屋さんの旦那さんたちに
「おっ!いっちょまえな注文するなぁ~」と笑われていたのを覚えています。
今では市場も様変わりしてしまい、懐かしい思い出です。

さて表題のお店ですが、銀座線の稲荷町駅付近、清洲橋通りから少し入ったところにあります。
土日祭日がお休みなので、私はお昼のお仕事が終わり、夜のアルバイトがない日に通勤用のママチャリをこいで
夕食を食べに行く事があります。

ショーケースに入ったメニューのサンプルが店内にあるという不思議な光景です。
天井には大きな扇風機が取り付けられていますけれど、今は動かないみたいです。
店内は古いながらも綺麗にされています。

会社員の方や近所の方が晩酌をしながら食事をされていますのでお昼も近所の会社員の方でにぎわっているのでしょうね。
こうゆうお店って昼食食べに来て、夜は会社帰りに晩酌かねてと近所の会社員の方には一日2回パターンのお店になるのでしょう。
店内に大きな神棚があるのですけれど、よくお手入れをされています。
お祭り好き、お神輿好きな私にはこうゆうところに好感が持てます。

私は、生姜焼きやハムカツ定食をよく頼みますけれど、お味噌汁にご飯に昔よく見た柄の深い縁の小皿に入った
黄色いたくあん、この組み合わせは市場で食べた食事を彷彿させます。

黒光りする天井を見ながら小さい頃を思い出し、注文したものを待つ
お仕事帰りのちょっとホッとできる時間なのかもしれません

このようなお店は店内の雰囲気も含めてのものだと私は思っています。
息子さんが継いでらっしゃるのでまだまだ大丈夫だと思いますけれど
このまま、長くこのままであってほしいお店です。


田中食堂 東京都台東区東上野3-5-13






[PR]
# by yuu-silent-world | 2014-01-04 11:14 | 大衆食堂

TOKU

浅草のホッピー通り近くにある喫茶「天国」

ホットケーキ(パンケーキでは無くまさにホットケーキ)で有名になった小さな喫茶店です。

この場所で営業していたお好みホットドッグ「ジロー」

テーブルがたぶん3つか4つしかなくてご夫婦で営まれていらっしゃったはず
惜しまれつつも閉店してしまったのですけれど、ここのホットドッグを再現した
お店が出来ていることをネットで知り一昨年の夏ごろ初めて伺いました。

神保町の交差点、白山通りを一ツ橋方面へ歩いて行くとこのお店があります。

ここのホットドッグはもう有名になっているのでしょうけれど、
ハンバーガーのバンズのように丸いバンズを使ったホットドッグです。
バンズは浅草方面では有名な「ペリカン」のパンを使っています。
小ぶりなサイズは女性でも2つは軽く食べられちゃうと思います。

バンズに挟むの具材にソーセージはもちろんありますがハンバーグや卵など色々な種類があります。
特にハンバーグに添えられるマカロニ、デミソースソースが下町洋食を
彷彿させます。

若いスタッフの方が応対しておりましたけれど、聞くとオーナーの方が
「ジロー」の味が好きで再現したらしいです。
私はその時怪我のリハビリで杖を突いていたのですけれど若いスタッフの方々にとても気を使っていただきました

大きくて有名な「老舗」はいくらでも跡を継ぐ事が出来ますけれど
小さな街のお店そうはいかないでしょうね

私も父が亡くなってお店を閉める時、常連の方や私のお店の味のが好きで通っていただいていたお客様から
継いでほしいという、リクエストを受けましたけれど、私には父を超える事はできないと思っていましたので
閉店を選択しました。

このお店のように名前は変わっても街にある小さなお店の味が引き継がれていくということは
とても良いことだと思いますし、うれしいことですね。


TOKU 東京都千代田区神田神保町1-31-3




[PR]
# by yuu-silent-world | 2014-01-02 17:25 | 喫茶、軽食

自己紹介的な2

私の事をまた、少し

下町生まれの下町育ちと言っても、隅田川の外側なので正式には下町と言うのはちょっとおこがましいです。

お寿司屋の子として生まれています。寿司屋の両親の割に小洒落たことが好きな両親だったので
小さい頃は良い物を見る目を教えられました。
ただ、幼少期に魚を食べさせられすぎたのか、幼稚園の頃にはがっつり魚嫌いになってしまいました(涙

大学を中退後自宅を手伝いながら、調理師免許を所得
お魚を食べるのは苦手ですけれど、さばいたりお寿司を握ることはOKでした。
大学生の頃も飲食関係のアルバイトが多く、根本的にお料理することは嫌いじゃないです。

実家を手伝いながら、夜はお水のお仕事をしていました。
父が亡くなってお店を閉めたのですけれど、その後は会社員をしながらお水のお仕事もしていました。


とにかく、頑固な父から教わったことの一つに

「食べ物と病院は人に勧めるもんじゃない」って事

「だったら、食ブロ書かなきゃいいじゃん」ってツッコミが入るところですけれど(笑

食べ物の美味しい不味い、病院の治療方法は人によって合う合わないがあるんだからと言われてました
だからというわけではないのですけれど
「あそこがおいしいよ」とか「あそこは不味くて」という言い方が今でもちょっと苦手です。
お勧めしたは良いけれど、相手の方の味覚に合わなかったらその方にとっては「不味い」お店になってしまうのが嫌なんです。
逆に「不味い」と教えてしまったお店には相手の方に先入観を与えてしまうし、実はその方の味覚に合っているのに「不味い」という
ことで相手の方が嫌な思いをしてしまうこともやはり失礼なので。


私自身、確かに飲食業にも従事しておりましたけれど、それ程大した食育を受けてきたわけではないですから食に対する明確なジャッジをする自信がありません。
ですからこちらのブログでもお店の雰囲気や「私は好きな味かも」「私は苦手な味でした」というくらいお味の事はお伝えできたとしても、
食に対しては皆さんへお勧め、評価をお伝えすることがうまく出来ないことをご了承ください、申し訳ありません。

ただ、「このお店、私に合うかも」という感覚をもっていただけるレポが書ければと思っています。

どうぞよろしくお願いしますね



[PR]
# by yuu-silent-world | 2014-01-01 12:24 | 自分の事

紅養軒

私の良く行く場所でもある上野、御徒町エリアにある洋食店というよりはとんかつ屋さんでしょうか?

アメ横を上野から御徒町方面へ歩き、中田商店の十字路を昭和通り方面に歩き、少し入ったところにあるお店です

当初、ビルの入り口前には植木が生い茂り、閉店したお店だとずっと思っていたのですけれど

ある日、早い時間からアメ横でお買い物をしていたら営業中の札がかかっているのに気が付き入店しました

入店時奥様と思われる方が、椅子に座りのんびりくつろいでおられました
ニコリ笑いながら「いらっしゃ~い」
と、席を立ちあがります。

なんだか、この雰囲気って昔ながらのお店ではよく見る光景でホッとします。

とんかつ屋さんってなぜだか内装がシンプルなほうがおいしそうに見えるのはなぜでしょう?

その時は多分ヒレカツ定食を注文したはずです、お値段が780円!だったのを覚えています
盛り付けはキャベツにマカロニサラダ
ライス、おしんこ、お味噌汁

お肉の質がどうのこうの言うほど私はグルメではありませんのですが
お値段からしたらちゃんとお仕事をされていました。

後からはいってきたお客様が「ロースにコロッケのせて」と言っておられました
良いですね~この注文の仕方、後のせで後一つ食べたい時の気持ちわかります

年配のご夫婦で営まれていらっしゃるので、先のことが不安ですけれど
アメ横の雑踏に歩き疲れたとき営業中の札がかかっていたら、たぶん入店してしまうお店です

紅養軒 東京都台東区上野6-5-1岩坂ビル1F





[PR]
# by yuu-silent-world | 2013-12-31 16:13 | 洋食、とんかつ、カレー

大林酒場

南千住駅から私の小さい頃のトラウマになった?(笑)涙橋の交差点を過ぎ、少し歩いたところにまさに「大衆酒場」という佇まいを見せる

「大林酒場」(だいりんさかば)

ここも場所柄、昔はさぞや壮絶な?光景が店内、店の外で見られたのではないかと思います。
昔はこの辺りは夜、女性が一人で歩くのは怖くてしょうがない場所ですからね
なにせ、やんちゃなバイク乗りさん達(笑)でさえこの辺りの道路では歩道側の車線を走るなって
言われていましたからね。
当たり屋は出るわ、道路で酔って寝ている人はいるわだったそうです。

こちらのお店はブロガー泣かせのお店のトップでしょうね
携帯電話禁止、店内の撮影禁止、メモを取っていたりしても怒られます。
怖いお店だからと、酔った勢いで行くこともできません(酔っていくと入店できません)
私はこのルール賛成です
たまに店内の画像をアップされていらっしゃる方がいますけれどね(苦笑

たぶんあの、店内の雰囲気はブロガーの皆さんにとっては格好の被写体なのでしょうけれど
いいじゃないですか、たまには携帯やスマホ、デジカメをカバンの中にしまって
ゆっくり、店内にいるお客さんを不快にさせず、お酒と大衆酒場独特のメニューを1人、もしくは2人で
(3人以上のグループは入店できないので)静かに楽しむ

そんな楽しみも昔ながらの大衆酒場での楽しみ方ではないでしょうか?

私もそんな若くない年齢ですけれど、それでもこのお店は私にとってはまだ早いお店かもしれません
だから、余計に人生の先輩方が昔から楽しんでいらっしゃるお店の雰囲気を壊さないよう気を使って
当たり前だと思っています。


大林酒場 東京都台東区日本堤1-24-14


[PR]
# by yuu-silent-world | 2013-12-30 00:06 | 大衆酒場